出資金はいくら?

社団法人設立に必要な出資金はどれくらい?

社団法人とは法人格が付いているもののことを言い、構成員とも呼ばれる社員から成り立っています。社団法人は株式会社のように株主がいません。しかし法人格で世間の信用を得ることができます。社団法人に向いているのは福祉団体や学術団体、スポーツ団体などがあり、幅広い分野で活躍できます。設立に当たっては他の企業同様に様々な手続きと承認、そして登記などがあります。一般企業と最も異なってくるのは剰余金の配分ができないと言うことです。

株主がいる一般企業では剰余金の配分を行いますが、法人では行いません。そこが大きな違いです。それらのことを踏まえて社団法人設立に当たっての流れなどを把握し、勉強してみると良いかもしれません。まず設立に当たって行うことは定款を決めます。これは法人にとって最も重要な規則です。この内容は運営方法などに影響します。定款が決定したら公務員による承認を行います。この承認を得るためには定款が法律に基づいているか、合っているかという確認が必要になります。この確認ができれば承認を得ることができます。

この手続きが済むと法人の根本的な部分が決まったことになり手続きの大半が終わったことにもなります。それだけ定款の決定は重要なものであり今後の運営にも大きく関わってくる事項であると言えます。定款の後に決めることは役員などです。役員や代表などの選任を行い、その後登記申請を行います。登記申請が終われば法人として登記簿に載る事ができます。登記簿に乗ることで世間に名前が知れ渡ります。また、手続きの際に必要な費用とは別に基金が必要です。これは一般企業においての出資金です。ただし社団法人の場合の出資金は額に規定が無く、また、基金は出資金とは意味が多少異なり、完全に法人の資金になるわけではなく返還義務を負うものになります。

この基金制度を利用するには定款において基金についての規約を定めなければなりません。こうした社団法人設立に当たっての様々なサポートを利用することで、難しい手続きなどもスムーズに進めていくことができます。手続きに当たっては初めて耳にする言葉や用語、制度なども多いかと思います。わからないことが多い場合には社団法人設立に関してサポートしてもらえる企業に相談してみるのもいいかもしれません。たくさんのサポートを受けることでより良い法人を作っていくことができるはずです。様々な壁を乗り越えて日本のためになる、そして人のためになる団体を作り上げてください。”