社員と会社員

社団法人の設立に於ける社員と一般の会社員の違い

社団法人を構成する中に、社員と呼ばれる人達がいます。一般的に会社に勤め仕事をしている人を会社員と呼ぶため、社団法人に於ける社員と混同されがちですが、その意味は全く違うものです。この社員は、法人の設立の際には重要な要素となります。
社団法人は広義の意味では株式会社や財団法人などを含む会社の別名として使用されることも多いのですが、最近では一般社団法人、若しくは営利を目的としない法人格を持つ団体を指すことが多いものです。この場合、株式会社のように経営に直接関係しない投資家に株式を販売して資金を調達したり、出資者に利益に応じた配当を行うことは出来ないことになっています。

配当を行うことはすなわち事業で得た利益を投資者へ分配することを意味することから、営利を目的としないという組織の定義に反します。更には、株式会社のように株式を売買して利益を出すことはもちろん、株式を売買して資金を調達すること自身が禁止されているため、内部で資金を調達し運営するという方法をとらなければいけません。その為社団法人に於いては社員という、経営に参加しつつ会社に対して出資を行う人の存在は非常に重要となっているのです。その為、これらの人びとを社員と呼び、その会社への出資者として位置付けているのです。

一方一般の会社員は企業などに勤務し、労働を持ってその対価を法主として受け取るという立場の人がほとんどです。自社の持ち株会などに入会して積極的に自社株を購入し増やしているという人もいますが、基本的に会社員と呼ばれる人達は会社に勤めている人のことで、社団法人の定義にある社員とは全く性格が異なるものなのです。

社団法人の設立に当たっては、2名以上の社員が必要と定義されています。ここでいう社員とは法人の構成員として法人の事業を行い、その対価として給料を受け取る人を指します。但し社員の場合には権限としては最終的な決定権を持ち、経営に参画している点が株式会社の会社員などとは大きく異なるのです。又社員はその法人に出資していることも多く、事実上経営のかじ取りを行っているといっても過言ではありません。

社団法人の設立にあたっては、社員は重要な存在となります。会社員の目的は会社の経営ではなく、あくまでも働いてお金を稼ぐという事が目的の人が多いものです。しかし、社員の場合には自らが出資して経営に参画していることから、一人ひとりが経営に於ける重要な存在です。”